ホーム > 生活一般 > パチンコで借金200万超えた

パチンコで借金200万超えた

月刊誌の折込チラシ、スポーツ紙、繁華街に配布された宣伝広告や郵便広告で、「債務の合理化やります」「多重借金をまとめたくありませんか」と書かれた宣伝を見かけることがありますよね。

 

こういったものは、「整頓屋」「買取業」「紹介者」という名の悪徳業者のおとり広告の場合があるのです。

 

このようなものを頼んだときには自己破産申し立て手続きの中で最も大切な免責認可を受けられなくなる恐れも存在します。

 

「整頓人」の場合チラシなどで多重債務者をおびきよせ、手数料を請求して整頓をしますけれど、結局は債務整頓はなされず、債務人はさらに債務地獄に陥る場合がほぼすべてと言ってよいでしょう。

 

「買取屋」では、クレジットで電化製品、新幹線のチケットを買い入れさせて、借金者からその品物を買った値段の10%もしくは半分で買い上げるという手口が主です。

 

負債人は一時は金銭が懐に入りますがまもなくカード会社経由で商品の完全な支払い要求が送られて来ることになり、借金額を悪化させる結末になります。

 

カード会社に対しての詐欺に当たるということになり免責判定をもらえません。

 

「紹介業者」の場合は有名な貸金から拒絶されるようになった借金人について融通は一切せずに、融通をしてくれる別な同業者を呼び出し、常識外の手数料をもらう業種です。

 

紹介屋は高度な手続きで資金提供が受けられたというように話しますが実際には何もしておらず、選考の通りやすい業者を把握しているということなのです。

 

このケースだと結局のところ借金額を増加させるだけです。


関連記事

未来住宅に求めるのは、決まってすぐに建つ家
お互い様なのですが、近所の新築工事の音がうるさくて仕方がない。工事車両が道をふさ...
背中ニキビはゴシゴシ洗わないように注意
背中は、意外に皮脂の分泌が多い部分です。 だからこそ、顔や胸元と同様、ニキビも発...
どの方法よりも効果的なダイエット
身体をしっかり動かすことは、細くなるための手段を選ぶとき疑いなく大切なことです。...
パチンコで借金200万超えた
月刊誌の折込チラシ、スポーツ紙、繁華街に配布された宣伝広告や郵便広告で、「債務の...
テスト
テスト記事です。...